【東京都】ロケーションが人気の結婚式場BEST5!口コミでも評判の式場を徹底的に調査しおすすめランキングでご紹介します!

結婚式の費用は時期によって変わる?

東京都内で結婚式を行いたいと考えている時、場所や内容によっても費用は違ってきますが、同じ結婚式場の同じプランであっても時期が違うだけで価格差が出ることがあります。

安く済ませたいのであれば、いつ行うのかの選択も重要です。

 

春夏シーズンで考えているのなら

屋外での結婚式となると天候に左右されることになりますが、屋内であっても会場までの行き帰りは天候に左右されるため、来てくれる招待客のことを考えてみると不便を感じさせることがない温暖な気候のシーズンは人気の時期でもあります。

結婚式に限らず、どんなものでも人気の時期は同じプランでも費用が高くなる傾向にあり、寒い冬が終わって暖かくなってきた頃は、結婚式場でも費用を高めに設定していることが多いということを理解しておくことは欠かせません。

もしも春夏シーズンの結婚式を考えているのなら、4月や5月よりも暑い日が続く7月や8月に行うことで費用を抑えることに役立ちます。

また、ジューンブライドと言われるように6月の花嫁は幸せになると言われており、6月中に結婚式を行いたいと考えている人も多くいるでしょう。

しかし、東京では6月は梅雨の時期にもなって台風が多く訪れます。

朝は晴れていても、急に雲行きがあやしくなって大雨となったり、強風が吹き荒れたりと天候も変わりやすい時期なので、そのことを考えてこの時期を避ける人もいます。

つまり6月は意外と空きがあって費用も安く設定されていることがあります。

 

秋冬シーズンで考えているのなら

秋冬シーズンで結婚式は、暑い夏が去って寒い冬が訪れるまでの涼しい秋のシーズンに人気が集中しています。

秋は東京でも晴れの日が多い傾向にあるので、チャペルウェディングでライスシャワーを行うなど招待客が屋外に出るようなことがある場合には、とくに適しているシーズンでもあります。

また、和の結婚式でも庭園があるような場所で行うのであれば、美しく紅葉をした庭園の庭木がはえるので、この時期ならではの景色を堪能することができます。

1年でも最も人気がある秋のシーズンは、価格設定が高めであっても早くから予約で埋まってしまうこともあります。

1年前であってもすでに決まっているということもあるので、秋を希望しているのであれば早めに抑えておくことは欠かせません。

一方、冬になると東京でも寒い日が続いて雪が降ることもあるため、残念ながら1年で最も人気がないシーズンとなります。

けれども、せっかくの設備が整った結婚式場を開けておくにはもったいないので、リーズナブルな費用でも結婚式が行えるようなお得なプランを用意していることも多いため、予算重視という人にはぴったりです。

12月であればクリスマスの時期にもなるので、クリスマスっぽさのある装飾や引き出物を取り入れることができたり、今だからこその演出も可能となってきます。

 

時間や六曜次第では安いこともある

シーズンを通して考えてみると、その時期であるというだけで費用がかかってしまう月もありますが、時間や六曜で考えてみると安い日も存在しています。

結婚式では、親せきや今までお世話になった人など多くの人がさまざまな場所から集まることになります。

生まれてからずっとその地域で生活をしているという人であっても、親戚のおばさんやいとこは遠方に住んでいることもあります。

また、結婚相手の地元が遠く離れた場所であれば、そこからは多くの親戚に来てもらうことになります。

日帰りでは無理なほど遠い場所となると、結婚式場近くで一泊してもらう必要も出てきます。

けれども、時間によっては日帰りで済むケースもあります。

朝の早い時間からとなると前日から来てもらう必要があり、夕方からの結婚式となると披露宴が終われば終電に間に合わなくなるかもしれません。

そのため、昼頃に結婚式をスタートさせたいと思う人も多いため、人気の時間帯となります。

一日に何組もの結婚式を行っている結婚式場になれば、朝一番の結婚式と夕方からのその日の最後の結婚式となると安めに設定されていることがあります。

また、六曜で考えてみると、おめでたい結婚式というイベントは大安に行いたいという人も多いものです。

その一方で、仏滅となるとそれだけで縁起が悪いとして避けられてしまうこともあります。

費用の面で考えるのなら、仏滅など一般的にはあまり選ばれないような六曜の日は安くなるのでねらい目です。

他にも、土日祝日に結婚式が行われるのが一般的ですが、平日でも安くなります。

接客業をしている人であれば、土日祝日は仕事という人が大半です。

新郎新婦が接客業であれば、土日祝日に結婚式をしても職場の人は仕事で来てもらえない可能性も出てきます。

しかし、平日であればみんなに祝福されて予算的にも安くできるというメリットがあります。

 

結婚式の費用について考え始める時、同じプランであってもシーズンによって大きな差があるということを知っておくことは重要です。

春や秋は温暖な気候から人気がありますが、暑い夏や寒い冬となればそれだけで予算を抑えることに役立ちます。

また、費用が高めに設定されているシーズンであっても、時間や曜日、六曜から考えてみると安い時期も存在しています。

これからの結婚生活で何かとお金がかかることになるので、結婚式は安く抑えたいというのであれば、いつ行うのかについても考えてみるといいでしょう。

おすすめ関連記事一覧

サイト内検索
東京のロケーションが人気の結婚式場ランキング!
第4位 八芳園
結婚式場関連コラム