【東京都】ロケーションが人気の結婚式場BEST5!口コミでも評判の式場を徹底的に調査しおすすめランキングでご紹介します!

結婚式場での服装とは?NGな服装を知っておこう

主役となる新郎新婦はもちろんのこと、結婚式当日の結婚式場ではゲストを含め、皆が笑顔で2人を祝福する特別な日です。

だからこそ式場での服装にもゲストは考えることになりますが、まずはNGな服装を把握しておくことで、周囲にも主人公にも不快な思いをさせることにはなりません。

 

男性は新郎を引き立てるコーディネートを意識します

男性の場合は結婚式場での服装として、スーツを着用していれば問題がないと考えるかもしれません。

スーツは礼服にもなるものの会社へ行くわけではなく、フォーマルなシーンであるだけにNGなコーディネートにならないよう注意が必要です。

お祝いの席とは言え上下真っ白なスーツは論外であり、割と明るい桜色やグレーなどは見方によっては白に見えます。

当日最も注目をされるのは新郎と新婦であり、男性ゲストが白や白色に見える衣類を着用すると新郎の衣装と被るのでよくありません。

基本的にいくらスーツであろうとも、結婚式に全身を白でまとめるのはマナー違反です。

花嫁と共にスポットを浴びるのは新郎であり、主人公たちを引き立てるのもゲストの役割になるので、白を引き立てる黒色スーツやダークカラーを選びます。

ただしいくら黒色スーツといっても、黒いネクタイを合わせてさらに黒いベストまでつけてはまるでお葬式です。

組み合わせが肝心なので黒スーツならグレーのベストを合わせたり、落ち着いたグレーや紺色のダークスーツに黒ベストなど、色を上手に取り入れるようにします。

暗い印象になり過ぎるのはあまり良くないですが、極端に派手すぎる色でまとめるのは単なる場違いです。

基本はネクタイもシャツも無地の白色を選ぶこと、特に格式の高い挙式ではないならば多少の細かな模様入りネクタイ、淡い色のカラーシャツでも構いません。

 

自我のファッションを貫かずフォーマルにまとめます

常にお洒落に敏感な女性は結婚式場でも、得意のファッションセンスを活かしたいところですが、場面的にNGな服装もありますので意識して選ぶことです。

素材として革やファー素材は避けたほうがよく、動物の皮製品はいくら女性ファッション誌でのトレンドでも、イメージ的に殺生の印象があるので選ばないようにします。

何かのイベント時に着用をするようなチャイナドレスは、中国における民族衣装としての正装にはなるものの、結婚式の時のゲスト衣装としてはあまりよくはありません。

美脚に自信がある女子だとしても、あまりにもスカート丈が短すぎるのは却下であり、同時に露出が多すぎるのも控えます。

ビジネスシーンのようにリクルートスーツなら問題がないと考えるのもNGであり、同時に全身を黒色でまとめてしまうのもよくはありません。

この日はお祝いの席であり、祝福のためにゲストとして駆けつけることになります。

通常のお出かけとは違い本人のお洒落感覚を強引に貫こうとはしないで、主役のカップルや共に参加をするゲスト、それに新郎新婦の親族にも不快な思いをさせない、バランスの良いコーディネートを女性は心掛けることです。

ドレスで参加をする女性はとても多いですが、衣装としてバストの谷間を強調してみせるもの、スリットが深く入っているタイプ、膝上10cm以上の丈などは選びません。

夏であっても肩出しの衣装はNGとなるので、ドレスがノースリーブの場合は羽織ものを用意することも必要です。

 

幸福に満ちた2人を引き立てることが最も大事です

たくさんのゲストに祝福をされて最高の第二の人生を歩み出すのが結婚式ですから、男女ともにゲストは結婚式場に行く際の服装も主人公となる新郎新婦を引き立てることを重視して選ばなくてはなりません。

NGな服装のナンバー1は、性別を問わず真っ白なコーディネートで身を包む衣装です。

なぜ結婚式には新郎と新婦が白色を選ぶかですが、白には純粋や純潔に清楚などの意味があります。

まさに結婚をするカップルに適したカラーであり、悪を白色が払うという意味もあるのと同時に、気分を一新するのも白色の持つ意味です。

2人のこれからのスイートな人生をはじめるにも、白色ほど適した色はありません。

そんな2人の門出の日にうっかり真っ白の装いで出かけてしまっては、本人たちよりも下手をすると目立つこともありますので要注意です。

いかに2人を引き立てることができながらも、極端に暗すぎる色でまとめてしまわないよう、バランスを大切に衣装を選ぶようにします。

華やかな席にはなりますが、過剰に露出の多すぎる洋服を選んではいけませんし、流行だからといってカジュアルすぎる普段着の着用も考えものです。

フォーマルなシーンであることを意識することであり、独りよがりにならないように、家族にも相談をしたり、ショップで店員さんからアドバイスを受けるのも失敗がありません。

 

招待を受けたゲストは楽しみに結婚式の日の準備をはじめますが、結婚式場での服装として何がNGな服装かを理解したうえで、2人を引き立てることができる衣装を厳選することが大切です。

ポイントさえ押さえておけば後は自分の好みを優先できますし、当日は着飾って皆と共に笑顔で祝福をすることができます。

衣装と共にヘアスタイルやアクセアリー、足元の靴まで結婚式にふさわしい種類がありますが、基本はフォーマルであることであり、ショップなどのプロに相談をするのもひとつです。

おすすめ関連記事一覧

サイト内検索
東京のロケーションが人気の結婚式場ランキング!
第4位 八芳園
結婚式場関連コラム