【東京都】ロケーションが人気の結婚式場BEST5!口コミでも評判の式場を徹底的に調査しおすすめランキングでご紹介します!

結婚式場の天井の高さで式の印象を変える?

結婚式場を選ぶときに式場全体の雰囲気や装飾や設備などはチェックしますが、「天井の高さ」を気にしている人はあまりいません。

しかし空間の広さを決める重要な要素となり、それによって結婚式の雰囲気が左右されるといっても過言ではないでしょう。

では、具体的に天井の高さでどのように結婚式の雰囲気が変わるのでしょうか。

 

ブーケトスや写真にこだわりたい人は要チェック

結婚式ではブーケトスや写真撮影はプログラムの一つとして組み込まれるのが一般的ですが、これらを室内で行う場合は会場の高さに注意しなくてはいけません。

ブーケトスは教会の外で行われることが多いですが、最近では式場内併設の教会も増えているので室内で行われることも少なくなくなってきているようです。

ブーケトスで天井の高さが重要とされる理由はすぐに思いつくでしょう。

室内でブーケトスを行う場合は最低でも3mの高さが必要とされており、それ以下の高さだと投げたブーケが天井に当たって落ちてしまう可能性があります。

ブーケを投げることにこだわらないのであれば高さは気にする必要ありませんが、もしも投げたいのであれば高さがないと盛り上がりに欠けてしまうので注意しましょう。

また、結婚式の写真撮影ではプロのカメラマンは被写体の上部(または横や後方)に向けてフラッシュをたきます。

これはバウンス撮影という技術の一つで、フラッシュに間接照明としての役割を持たせて被写体を綺麗に撮る効果があります。

ただ、バウンス撮影はフラッシュの光を天井や壁に充てて反射した光を間接照明にするので、天井高すぎると光が当たらないというネックが出てきてしまいます。

高さの目安は3mほどなら大丈夫とされているので、ブーケトスや写真撮影のことを考えるのなら3mの高さを目安にチェックしましょう。

 

空間の広がりやラグジュアリー感を出したいなら

招待するゲストが多い、窮屈な印象を持たせたくないという方は広い会場を選んでいます。

空間を広く見せるためには、会場の床面積の広さも重要ですが、なによりも天井の高さによって左右されます。

また、ドラマティックでラグジュアリーな雰囲気を演出したいという方にも、天井は高い方がおすすめです。

結婚式を華やかに演出する要素の一つに装花がありますが、高さがある式場ならアレンジ幅も広がり、桜や紅葉などの枝ものの花でも飾ることができるのでダイナミックな装花でより印象深い会場が作れます。

さらに吹き抜けの会場なら螺旋階段や踊り場のある階段などが備え付けられた高級感のある会場も多くあります。

踊り場からゲストの入る会場を見渡せるので、その時でしか目にすることのできない雰囲気を楽しむことができるでしょう。

同時に会場が広いと照明や巨大スクリーンなども用意できるので、それだけで豪華な演出も可能です。

高さのある会場は全体的に高級感が出るので、お姫様気分を味わいたいというカップルに選ばれています。

 

アレンジしやすいアットホームな雰囲気を出すなら

近年は大人数を招待して行う豪華な結婚式よりも身近な人だけを招待して行うアットホームな結婚式が増えてきており、それに伴って広い空間を選ぶ人が減ってきています。

少人数で行う場合は広い会場を用意してもゲストのテーブルに不自然な空間ができたり、マチが大きく取れすぎたりして、逆に質素な雰囲気を与えてしまいかねません。

そのため、ある程度広さを制限することでゲストの距離が近くなり、にぎやかで且つ華やかな雰囲気を作りだすことができます。

仮に床面積が広くても天井が低ければ、それほど寂しい印象を持たれることもないでしょう。

また、狭い会場は余計な装飾がなくシンプルな造りになっていることが多いので、アレンジが利きスタイリッシュだったりモダンだったり、色んな空間を作りだすことができるのが特徴です。

アットホームな結婚式では、ブーケ、ウェディングケーキ、ペーパーアイテム作りを式場任せにせず新郎新婦が自ら手をかけることも少なくはありません。

そうすることで費用を削減できると同時に、自分達のイメージを具現化できるとして人気を集めています。

さらに結婚式場自体もきちんと考えており、最近では狭い会場でも開放感を演出させるために各壁に外に繋がる大きなドアがついていたり、壁からガラス張りになっている会場もあります。

そのため、会場によっては床面積が狭くても窮屈さを感じさせません。

 

結婚式場を選ぶ際のポイントはいくつもあるので大変ですが、天井の高さは見落としてしまいがちな点です。

用途に合わせていくつも会場を併設している結婚式場ならアドバイスをしてくれることもあるかもしれませんが、基本的には新郎新婦が自分達で決めるので実際に結婚式を挙げてから「しまった・・・」と気づくことも少なくはないのが現状です。

ですが、予め分かっておけばそうした失敗も避けることができるでしょう。

結婚式に招待するゲストの人数、どのようなゲストを招待するのか、どのような雰囲気を求めているのか、どのような演出を希望しているのかで会場選びは変わってきます。

まずは、結婚式のイメージを固めてから結婚式場選びに行くことをおすすめします。

おすすめ関連記事一覧

サイト内検索
東京のロケーションが人気の結婚式場ランキング!
第4位 八芳園